先生

がんの転移を防ぐための参考書~病気予防の心得~

気づきにくい病気

自然

すい臓がんは、発見が難しく、痛みが出たらがんが進行している可能性があります。早期発見が重要で、食欲減退、胃の痛みやお腹の不調、体重の減少、背中の痛みなど連続して感じたら、検査することをおすすめします。

» 詳細を読む

症状と人気の病院

Female

肝臓がんは肝臓にがん細胞ができ、増殖することによって引き起こされます。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、なかなか症状が出にくいのが特徴です。肝臓がんの手術は難しい技術が必要なため、医師選びを慎重に行ったりセカンドオピニオンを積極的に利用したりしましょう。

» 詳細を読む

厄介な病気である

Male

肺がんになる人は年々増えていますが早期に発見することが出来れば治すことも可能なので、この病気になったと分かっても諦める必要は全くないです。また煙草を吸う人は吸わない人よりも肺がんになる確率が高くなると言われているので、最近では禁煙をする人が増えています。

» 詳細を読む

悪性腫瘍の細胞の特徴とは

病院

増殖しやすく移動しやすい

がんはなぜ転移することがあるのでしょう。まずひとつの理由として、いくらでも増殖が可能だからです。そしてもうひとつ、組織から組織へと移動することができるからです。がん細胞は主に血液やリンパ液にのって運ばれ、他の組織で新たに増殖するようになります。ですから手術後には、体内に残ったわずかな細胞を取り除くために、抗がん剤の投与やホルモン療法が行われます。また、治療後の生活で気を付ける点としては、禁煙やバランスのいい食事、適度の運動などです。お酒はほどほどであれば飲んでもかまいません。また自分にとっての体重の適正値を把握して、それをキープするようにしましょう。それ以外には肝炎ウイルスに感染しているか否かを、知っておくことも大切です。

原発巣と播種

がんの転移には一種の法則があり、特定の部位にできたがん細胞が、別の特定の組織に転移しやすいということがよくあります。特に大腸にできた場合は肝臓に、乳がんの場合は骨に転移しやすくなります。再発するかしないかは、一応5年が目安となっています。また最初にできたがんのことを原発巣といいます。たとえば最初に大腸にでき、その後肺にがんが転移した場合、原発巣である大腸がんの治療と、同様の治療を行う必要があります。転移した場合はその部位によって、肺転移とか肝転移などと呼ばれます。それから、細胞が血液やリンパ液に乗って移動する転移とは違って、播種と呼ばれるものもあります。これは原発巣からがん細胞がはがれ、体内の空間である胸腔、または腹腔に散らばることを指します。

Copyright© 2016 がんの転移を防ぐための参考書~病気予防の心得~ All Rights Reserved.